今、大流行のメイソンジャーを使ってできる、こんな涼しげでステキなアレンジを見つけました。レモネードが入ったジャーを、氷とグリーンの入ったブリキ缶に入れれば、こんなにオシャレ!見た目だけでなく、もちろんレモネードを冷たく美味しく冷やしてくれる効果もバッチリ。

botanica-natural-4

このジャーアレンジが使われていたのは、メキシコのとある結婚式。ガーデンウェディングのナチュラルな雰囲気に合わせて、テーブルコーディネートやケーキもすべて、ナチュラルでオーガニックな雰囲気にアレンジされています。

次の例は、牛乳瓶みたいなボトルとストローを組み合わせてポップなドリンクを演出したり、ジャーのフタに布を巻いて雰囲気を変えたり。これは、メキシコのイベントでは定番の”Mesa de dulces”(=お菓子のテーブル)のテーブルコーディネートの一部でした。

もう一つ、ぜひ真似したいのがピクニックのコーディネート。クラッカーやパンと一緒に、ジャムやナッツのクリームが入ったオシャレなジャーを持っていけば、料理しなくたって自慢できるピクニックメニューが完成!

手持ちのジャムの瓶でも、リボンをひとつ加えたり、中身の入れ方をキレイな層にするだけで、印象が全く変わります。プレゼントや見せる保存用のアレンジの参考に。

今回紹介したコーディネートはすべて、メキシコのモンテレイにあるBOTÁNICAというデザイン会社によるものです。オーガニックでアートなデザインをコンセプトにしていて、メキシコの原色のイメージとはちょっと違う、大人の雰囲気。他にもステキなテーブルコーディネート・ウェディングスペースデザインなどがたくさん、ウェブサイトから見ることができます。

*BOTÁNICA botanicatallerorganico.com

Leave a Reply